2011年05月10日

【静岡茶セシウムの「ウソ」を見抜け!】

2011/3/11に発生した東日本大震災により亡くなられた方の
ご冥福をお祈り申し上げます。 そして被災された皆様と
その家族の方々に心よりお見舞い申し上げます(黙祷)

【静岡茶セシウムの「ウソ」を見抜け!】

震災直後の3月21日、空母ジョージ・ワシントンが横須賀を
離れたんです。 みんな東電の福島第一原発が爆発した
騒ぎで「米軍の自主退避」を共通の認識としてましたね。

アジアの覇権を担う「第7艦隊にダメージを与えない」
そういうことです。
原子力空母「ジョージ・ワシントン」.JPG

ところが最近、これには強力な「からくり」を
感じてます。(個人的な意見デス)

セシウムの拡散は、100m級の小高い場所は越えるが、
「1000m級の山々を越えることはない」という実態。

それなのに、足柄、箱根、伊豆の1000m以上のバリア
を突き破ってでも御前崎に到着したっていうの?

そんなわけないよね?ジェット気流に乗るには
1000m級の上昇を必要とするんで、ありえない…

箱根峠地方は標高814m、金太郎で知られる金時山
は標高1212.5m、達磨山は標高982m…

ひとつ考えられるルートは、太平洋沿いに
偏西風に逆らって?え?無理でしょ・・・

水に溶けやすいから、雲にのって移動するのは
あたりまえ。でもフツーに考えたらベーリング海

からアラスカ、北米へとか、ハワイから
カリフォルニアへとか思うけど、偏西風に逆らう?

じゃぁ、5万歩ぐらいゆずって関東平野から多摩、
丹沢、富士裾野をすり抜けて飛んできたと

仮定してみよう… したのリンクをどうぞ。

⇒ 事故当時の放射線量3/15から再臨界あたり
東京都日野市での計測


⇒ IRSNのシュミレーション
(3/15の範囲はグレーゾーンだが、比重を考えて!)


⇒ 3/14〜15・御殿場の風向き

セシウム137は、比重が1.9なのだ。

ひとつひとつ考えてくと、どうしても浜岡原発に
たどりつく。このアタマのワルい僕でも、だ。

3月に、漏らしたでしょ!放射能を…

ヲイ、中電さんヨォ!


隠蔽政府の主役「管」は、国民の最大関心事である
原発一時停止で、目そらすことに成功した。

だから国民は、まさか浜岡原発が震度4程度の
揺れで放射能漏れを起こしていた?!なんて

考えもしなかった。「安全なうちに一時停止」
国民にとって、なんて心地イイ響きなことか…

冷温停止にむけた作業過程で次々と明らかに
なった放射線を含む漏水やトラブル。

でもそんなのまだカワイイのだ。実は震災当日、
5号機の原子炉建屋5階にある「燃料交換エリア」

で、一時放射線量が約6倍になったり…と、
5号機に関する情報は開示してるのに、
いくら探しても4号機の情報がない。
ビクともしなかったような感じ… 

でもそこに大きな落とし穴があるように
思えてならないんデス。


より大きな地図で 海抜1000mぐらいのバリアを、セシウムは超えられない を表示

したのPDFのように、ツッコミどころのない
データしか開示しない…
レディエイションのイメージ.JPG
【運転情報】浜岡原子力発電所4号機 原子炉熱出力に
係る運転上の制限からの逸脱について[PDF:113KB]


浜岡原発が逝っちゃったら「首都圏終了…」
だけじゃありません。

米軍基地も逝っちゃうンです!

はい、第7艦隊に大ダメージを負わせないよう、
震災直後からAFNでも自主退避勧告と米兵家族

への注意喚起を促し、3/21無人偵察機で
再臨界の情報をつかむや、速攻で
ジョージ・ワシントンを沖へ逃がしたのでしょう。

さぁ、だいぶ輪郭は見えてきました。
あとは削除されまくった浜岡4号機の

放射能漏れ情報を徹底捜索するだけです。
がんばります。(個人的に)

なんで1000mの山も越えられないセシウムが、
御前崎にいるのか?

隠蔽得意でしょ?セイフ…

じゃぁ、最後に保険で石廊崎の風向きも
見せてあげる。
⇒  3/14〜15・石廊崎の風向き

一時期「お茶検査」を拒否してた川勝知事、
じつは知ってたンでしょ?だから霞ヶ関との
交渉カードに使おうとしたのでは?

あくまで個人的な推察ですが… 
みなさんも、いろいろわかってきて
中部電力だって東電とおんなじ体質だって
わかってる。ヲイ、バカセイフよ!

また「後出しジャンケン」で僕たちを
呆れさせる気なのかい?

とりあえず浜岡を止めたのではない、
止めなきゃ「危なかった!」んじゃないの?
じゃなきゃ経済産業省に言わされたか…


※注意WARNING!※
個人・団体いずれにかかわらず、当ブログの情報をもとに
関連するアクション、及び調査などで発生したトラブルに
つきましては、いっさいの責任を負えません。自己責任で
よろしくお願い致します!個人のメモブログですから、
自慰行為的な個人攻撃もご遠慮願います。
Copyright(C) corydoras All Rights Reserved.

にほんブログ村 アウトドアブログ 自然観察へ
にほんブログ村
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/209489020

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。